第10回ヤーティカップ結果

 

※この記事はYTカップの結果報告記事です

途中まで書きましたが、文量が果てしないのでお蔵入りしてました

 

ボツにするのも勿体ないので記事数稼ぎの為に半分までしか書いてないこの下書きを投下しておきます

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

2/25に行われた第10回ヤーティカップに参加致したので、結果のご報告と使用PTの感想を述べたいと思う

 

まず初めに予選20試合で対戦して頂いた論者の方々に圧倒的感謝🙏

日付を跨いだあたりからマッチングしづらくなり全戦消化が危ぶまれたが、深夜から参戦勢が合流してくれたので無事20回マッチングすることができた

 

ヤケモンしかいない環境でバトルできることは非常に貴重な機会であり、是非とも20戦こなしたいと思っていた

ヤャットを見ていた限りだと、なかなかマッチングせずに20戦を終えずに切り上げた方も結構いたようなのでラッキーだったかもしれない

欲を言えばもっと対戦したいところであったが(

 

 

さて、肝心の予選結果ですが

 

10勝10敗レート1500、全体60人中30位で予選敗退というくっそ普通の結果に終わりました
f:id:kafc_orf:20170227151637j:imagef:id:kafc_orf:20170227170820j:imagef:id:kafc_orf:20170227170828j:imagef:id:kafc_orf:20170227170837j:imagef:id:kafc_orf:20170227170848j:image(対戦順ではない)

 

まず結果自体には決して満足していない

最低目標にしていた1500を割らないというラインはギリギリピッタリでクリアしているがただそれだけである

 

勝ち数と負け数が一緒、レートも最初と最後で変わらずという何とも言及し難い結果に終わった

良く言えば人並み、悪く言えばボん者だ

 

 

まず1つ目の反省からいくと

正直に申して、組んだPTが割とパワー不足だったのが否めない

 

薄々感じてはいたが、仮想トップメタへの対策ばかりを気にして組んだ為肝心の「攻め」担当が曖昧になって相手のPTを見ながら受け思考の選出にせざるを得ない事が多々あり、結局サイクル負けしていることが頻繁にあった

 

とくに自分のPTはエース1体を置いて周り5体でバックアップしていく形を取ってしまったためエースの出せないPTと当たった時に殆ど何もできずに押し切られて負けることが多かった印象

 

2つ目の反省

それは環境考察が大して役に立たなかったことだ

大会は大正義サザングロスのオンパレードで、このコンビ自体はそこまででもないもののこの2体を補佐するウツロイドヒートロトムが自分のPTには非常に重かった

 

メガマンダやテテフは大して見なかったし、ラティやメガリザXも殆ど見なかった(こちらはありがたい)

 

詳しくは各ヤケモンの使用感で書くが、率直に言って考察がガバかったと言わざるを得ない

 

特にウツロイドはKPで5本の指に間違いなく入ると思うくらいかなりの数がいて、こちらのPTの鋼タイプが岩と氷の耐性を失っているカグヤしかいない上に、どう見てもリザXがエースの構築なので非常に高い被選出率を誇った(誇ってない)

 

とはいえかなり特殊な環境ではサザングロスウツロイドのような高速(なお)高範囲アタッカーがとにかく強いという当たり前の事実を身を持って体感できたり、KPの高い「ヤケモンに刺さっているヤケモン」を知ることができたので次回のヤーティカップに参加する機会があれば是非この経験を活かして構築を作りたい

 

 

ここから先はロジカル語法で書いていきますぞwww

苦手な方はボルトチェンジ以外ありえないwwww

 

 

それでは全20戦の模様について語っていきますなwww

 

インターネット上に上げられるBVが10個までな都合上、(個人的に思う)見応えのある半分の10試合をそちらで、残り半分のターン数の少ない試合やなどは文で軽く触れていきますぞwwww

【選出】の欄に記載されている3体のポケモンは、それぞれ一番左同士が初手で対面したことになりますぞwww

 

ちなみに20戦の内、2回以上マッチングしたお相手は1人もいませんでしたなwwww

 

①戦目 vsシーザー氏 WIN 16ターン

【BV】RR6G-WWWW-WWW5-MNPX

【感想】記念すべき1戦目のお相手はシーザー氏でしたぞwww

実はこの方、16勝4敗最終レート1660で予選参加者60人中なんと1位の人なんですなwww

お相手の選出はかなりのハイパワー、我の運命力()による技避けなどもあってギリギリで勝利できましたが、正直どっちに転んでもおかしくなかったと思いますぞwww

初戦から物理コケコに当たったので物理型しかいないのかと思いましたがそんなことはなかったですなwww

何はともあれ、勝利という最高のスタートを切ることができましたぞwww 最高か最低しかありませんけどなwwww

 

②戦目 vsここのか氏 LOSE 15ターン

【BV】RR6G-WWWW-WWW5-MNPX

【感想】ゴツメ素マンダとかいう個別ページでありえないと明記されているヤケモンが出てきたので当惑しましたぞww

その後ヤャットで問い合わせた結果この大会では個別ページ関係なしにゴツメは良いらしいという回答を貰いましたなwww 

バトル自体はほぼほぼ勝ちの立ち回りをしていたものの、最後の最後で我の必然力不足による強烈な運負け()を喫してしまいましたぞwwww ぺゃっwwww

 

③戦目 vsとうげ氏 LOSE 4ターン

【選出】我f:id:kafc_orf:20170216053726g:plainf:id:kafc_orf:20170216053754g:plainf:id:kafc_orf:20170216053806g:plainお相手f:id:kafc_orf:20170216053828g:plainf:id:kafc_orf:20170227183305g:plainf:id:kafc_orf:20170216053806g:plain

【感想】初手ウツロイドによる(お相手の)綺麗な3タテですなwww 何一つサイクルしてませんぞwwww ワルビも草結びで葬られましたなwww

S103からブーストしてくるのでガルドもヤットもヤバコもいないYTでは止めようがないと察せたのが収穫ですぞwwww

ちなみに今大会の負け試合の中では最短でしたなwwww さっさと忘れる以外ありえないwwww

 

④戦目 vsしばとら氏 WIN 3ターン

【選出】我f:id:kafc_orf:20170216053739g:plainf:id:kafc_orf:20170216053817g:plainf:id:kafc_orf:20170216053726g:plainお相手f:id:kafc_orf:20170227190216g:plainf:id:kafc_orf:20170216053828g:plainf:id:kafc_orf:20170227190221g:plain

【感想】初手対面で大文字読みの交換読みヘビボンをウツロイドにかませたのでイージーウィンでしたなwww

カグヤのワンマンバトルでしたが、↑を決めなかったからどうなっていたかは分かりませんなwwww

こちらは勝ち試合の中で最短タイ、4戦を終えて2勝2敗のまずまずっぷりですなwww

 

⑤戦目 vsサキ氏 LOSE 12ターン

【BV】RR6G-WWWW-WWW5-MNPX

【感想】なかなかにgdgdなバトルですが、選出で勝っていただけに4ターン目のダイブ外しさえなければほぼ間違いなく勝てていたでしょうなwww

この試合も我の必然力不足で白星を落とした悔いの残る試合ですぞwwww

BVを見返しても、初手でなぜ自慢の雷パンツを叩き込まなかったのか謎ですなwww

 

⑥戦目 vsプリュミエ氏 WIN 5ターン

 【選出】 我f:id:kafc_orf:20170216053754g:plainf:id:kafc_orf:20170216053817g:plainf:id:kafc_orf:20170216053726g:plainお相手f:id:kafc_orf:20170216053828g:plainf:id:kafc_orf:20170215004132p:plainf:id:kafc_orf:20170215004840p:plain

【感想】初手のテテフでウツロイド相手に突っ張るという異教徒でもしないようなプレイングを炸裂させましたなwwww

初手から出された場合はチョッキで耐えてサイキネで無理やり落としにいこうと腹を括りましたぞwww 結果として後続のリザXが今度はしっかりダイブを決めてお相手を降参に追い込めましたなwww

選出次第では、レートもYTカップも関係なくこのようなトンデモプレイングでも何でもして勝ち筋を切り開くしかないですぞwww 負けるための論理ではないですからなwww

 

 

⑦戦目 vsしょ氏 WIN 10ターン

【BV】RR6G-WWWW-WWW5-MNPX

【感想】我のヤツロイドがついに活躍しましたなwwww 物理コケコは無理無理の無理ですがヤルビがカバーしてくれましたぞwww

おいうちも決まって個人的に文句なしの勝利でしたなwwww なお決まる時に限って耐性と耐久のミスマッチのせいで半減の相手に撃ってますぞwww

「死に出し目的の捨て」プレイングをしてまでヤツロイドの無双を取りましたが、やはり高速からの積み技は最高ですなwwww んん?wwwww

 

⑧戦目 vsれつ氏 WIN 4ターン

【選出】我f:id:kafc_orf:20170216053817g:plainf:id:kafc_orf:20170216053806g:plainf:id:kafc_orf:20170216053739g:plainお相手f:id:kafc_orf:20170227231143g:plainf:id:kafc_orf:20170227231146g:plainf:id:kafc_orf:20170215004933p:plain

【感想】特に語ることもなく、初手でマンダバック読み眼鏡めざ氷撃ってたら勝てましたなwww

H振りマンダが一撃で落とされるということは眼鏡持ちのロトムなのに、何故お相手がその後ガルドではなくまたランドを出してきたのかは分かりませんなwwww

こちらも最短タイの勝利ですぞwww ここまでで5勝3敗、この3連勝で波に乗っていきたいところですなwww ただしなみのり()はありえないwwww 

 

⑨戦目 vs チャイナ氏 LOSE 10ターン

 

【BV】RR6G-WWWW-WWW5-MNPX

【感想】敗戦を喫した試合ではありますがなかなか内容の濃いバトルでしたなwww

地震持ち葉緑素バナとリザYの組み合わせに気づいたのは6ターン目あたりですぞwww この試合もヤツロイドでオワオワリにできそうと考えていたので安易な頭でしたなwww

我のYTにランドが出てくるのは全く想定していなかったので雷パンツを撃ったシーンはもったいなかったですぞwww しかしあの対面でランドを落とせていたとしても結局は残りのサイクル的にキツかったでしょうなwwww

ちなみに葉緑素発動下のヤシギバナは性格冷静でも全ヤケモン中最速になるみたいですなwww

 

⑩戦目 vsタイコ氏 LOSE 5ターン

【選出】我f:id:kafc_orf:20170216053806g:plainf:id:kafc_orf:20170216053739g:plainf:id:kafc_orf:20170216053726g:plainお相手f:id:kafc_orf:20170227233318g:plainf:id:kafc_orf:20170216024045p:plainf:id:kafc_orf:20170216053828g:plain

【感想】お相手の地震の一環がヤバコイルwww コケコがヤバコイルなら完璧でしたなwwww

とか言って、こちらも初手に地震ニキを出しておきながら5ターンで敗走してるのは、説明しなくても察せると思いますがコケコを倒した後に出てきたブーストヤツロイドにまた3タテされたんですなwwww 

仮に、こちらがお相手の3体にぶっ刺さっていたWヤトムを出していた場合でも勝てていたかは微妙ですなwww なんせ特殊最硬ヤツロイドは眼鏡ドロポンでも中乱1発の硬さですからなwww

このヤケモンの論理環境での凄まじい強さをまたもや思い知らされてしまいましたぞwwww

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

後半10戦の結果は前回の記事でお伝えした通り5勝5敗で合計10勝10敗です

 

ソフトのアプデのせいで、この下書きに書いてあるBVコードを入力しても見れません

この謎仕様ほんと4

 

後半の方が面白い試合が多かった(気がする)んですがもうBVが見れないので書きようがないですなwwww

なのでどうせ放置ならと思い、捨て気味に下書きぶっぱしましたぞwwwボレイングですなwww

 

異教徒向けの記事が続いているので次は論理の話題でいきたいですなwwww

 

それでは皆様ヤッナイwww

ただしねむる()はありえないwwww

 

メガバンギラスのすゝめ

 

f:id:kafc_orf:20170625113331g:plain f:id:kafc_orf:20170625113345g:plain

 

かっけェ...

 

 

S4になってようやっとメガバンギラスが解禁されました

 

 ゲーフリ「ホントはS5からだったけどやらかしちゃったから誤記ってことにしチャオ!」

 

早く使える分には問題ないので今回のボーフリ成分には目を瞑ります(๑>◡<๑)

やゲ神!やゲ神!

 

 

一緒に解禁されたのはメガライボルトf:id:kafc_orf:20170625113659g:plainメガユキノオーf:id:kafc_orf:20170625113730g:plainで、この三体の中でバトルしたらメガバンギラスが圧勝ですね

ただしノオーとの対面で天候取られからのエッジ外しからの気合玉ヒットは考慮しないものとする

 

 今回はこのブログのマスコットでもある砂下種族値100-164(+砂ダメ)-150-95-120(180)-71、計760+αのバケモンことメガバンギラスf:id:kafc_orf:20170625113816g:plainについて7世代での使用感を綴ろうと思う

 

 

まず注目すべきは何と言ってもH-B-Cラインだろう

H252振りの耐久指数は物理が35190、特殊が(砂下で)43470に達し、合計耐久指数はHにしか振っていないにも関わらずHB特化クレセリアf:id:kafc_orf:20170625113840g:plainの76953を上回る78660を計上する

 

これは陽気ASミミッキュf:id:kafc_orf:20170625113913g:plainの剣舞じゃれつくを確定で耐え、C特化カプ・テテフf:id:kafc_orf:20170625113948g:plainの気合玉を6.3%の低乱数1発まで抑える異次元の耐久である

タイプ相性の 法則が 乱れる!

 

実際のレーティングバトルで使ってみると分かるが、このポケモンが等倍で殴られることは少ない

受ける攻撃の多くが地面や水、フェアリーといった弱点でありこの頭のおかしい耐久が役に立つ場面は非常に多いのだ

 

 

岩タイプというのは、同じ不遇タイプと呼ばれる虫タイプ以上にどうしようもない

 

虫技の採用率は別として、虫タイプ自体は環境上位にも何体か存在する

最強クラスの積みアタッカーであるウルガモスf:id:kafc_orf:20170625114052g:plainを初めとして多耐性とサイクル性能のハッサムf:id:kafc_orf:20170625114125g:plain、圧倒的な超火力と超範囲を誇るメガヘラクロスf:id:kafc_orf:20170625114158g:plainは虫タイプ御三家とも言える存在であり、6世代と7世代を通して全員がトップ30に複数回ランクインした実績も持っている

 

だが岩タイプはどうだろうか

自分の知る限りでは今回フィーチャーするバンギラス以外に6世代と7世代でトップ30入りを果たしたポケモンはいない

そのバンギラスでさえ5世代の雰囲気とイメージを引きずっていた6世代(XY環境)の初頭と、エースのドリュウズf:id:kafc_orf:20170625114339g:plainがカプに強いとして砂パの流行った7世代初頭にランクインしたくらいである

 

古くはテラキオンf:id:kafc_orf:20170625114417g:plain、最近ではウツロイドf:id:kafc_orf:20170625114430g:plainといった有望岩タイプも存在はするが世代を通してトップ層に顔を出せるのは残念ながらバンギラスをもってギリキリといった有り様である

 

 

ここで少し愚痴ックな話をするが、岩技の採用率は高いのだ

それは等倍を取れる範囲が非常に広いのに加えて炎タイプや飛行タイプといった岩を弱点とするポケモンが環境に何体もいるからである

 

だがそれをタイプ一致で撃てる岩タイプポケモンは環境にいない

ここから導かれる結論は「圧倒的な耐性不足」であろう

水・草・地面・格闘・地面・鋼

単タイプの時点で目を覆いたくなる弱点の多さだァ!

 

ここに格闘や悪などの受け性能の面でよろしくないタイプがくっつけば全身弱点になるのはJIMEI NO RIである

 

せめて理不尽な草弱点くらい取ってくれてもいいんじゃないですかねゲーフリさん?

あと肌色の土っぽい岩のイメージもよくない 黒々としたかったいかったい鉱石と捉えれば岩タイプもなかなかに強そうやんなぁ?

 

 

さて本題のメガバンギラス育成論であるが、今回推したいのはHに振ったメガバンギラス

 

ADフルアタ鉢巻バンギラス、ASイワZ竜舞バンギラス、AS竜舞Mバンギラス、HAフルアタMバンギラスなど数多くのバンギラスを6世代から使ってきた身として一番強いとオススメしたいのがこのHS竜舞Mバンギラスである

 

バンギラス@バンギラスナイト

f:id:kafc_orf:20170625091121p:plain

性格 いじっぱり

実数値 205-213-170-x-140(210)-116

努力値 236-76-0-0-0-196

確定技構成 りゅうのまい/かみくだく/れいとうパンチ

選択技構成 ストーンエッジ/いわなだれ/じしん/ほのおのパンチ/ばかぢから/けたぐり/ちょうはつ

 

A:

かみくだく H252メガゲンガー 115~136.5%

れいとうパンチ H4メガボーマンダ 93.6~112.3%(68.8%)→砂ダメ込み確1

竜舞1積み かみくだく 無振りメガリザードンY 69.1~113.7%(81.3%)→砂ダメ込み確1

竜舞1積み かみくだく B4カプ・テテフ 103~122.1%

 

H-B:

A特化ミミッキュ Zじゃれつく 88.8~105.4% (31.3%)

A252メガボーマンダ じしん 42.9~50.7%(1.2%)

A特化霊獣ランドロス じしん 70.2~82.9%

A252メガギャラドス 竜舞1積み たきのぼり 82.0~96.6%

 

H-D:(砂嵐時)

C特化カプ・テテフ きあいだま 85.9~101.5%(6.3%)

C252眼鏡カプ・テテフ ムーンフォース 68.3~82.0%

C252カプ・コケコ エレキフィールド下 Z10まんボルト 50.2~60.0%

C特化カプ・レヒレ Zハイドロポンプ 47.8%~56.6%(83.2%)

 

S:

準速61族(バンギラス,テッカグヤ)+3

竜舞1積みで準速120族抜き,最速106族抜き

竜舞2積みで最速フェローチェ+9,最速スカーフドリュウズ抜き

 

見よこのC130族が放つ威力120の4倍弱点技すら耐えうる耐久を 

 

今回ご紹介するH振りの理由がカプ勢への抵抗力である

初手に繰り出しメガシンカを済ませるプレイングが多いメガバンギは、同じく初手に展開されやすいカプ達との対面が多く発生する

 

ブルルを除く3体のカプがいずれも特殊型がメインかつ全員がバンギの弱点をつける技を持っており、Hに振ることで圧倒的な特殊耐久を確保することで一撃では落とされない確実なダメージ遂行が可能になる

 

上で述べた育成論では1舞でS130族を抜ける陽気最速ではなく敢えて意地っ張りを採用しているが正直どちらでも構わないと思う

今回推したいのはあくまでH振りの素晴らしさである

 

また、エッジのかなしみを背負う勇気のある者は最速を取ってその分の火力保証にするといい

僕はもうあの虚しさを味わうのに疲れたんだ(渇いた叫び)

 

 

以上が最高レート1789のクソザコナメクジが申すメガバンギラスのすゝめである

技構成や努力値の細かい振り方に関しては使う人次第で十分にカスタマイズの余地がある

最速+地震でコケコに圧倒的に強くするもよし(その場合はエッジor炎パン持ち推奨)、もっとDに割いてメガリザYの気合玉まで耐える神的特殊耐久の領域を目指すのもありだ

 

岩タイプが耐性面でオワコンの向こう側なのは力説したが、このポケモンはそのチートじみた種族値によってきっとあなたの岩タイプに対する固定観念をぶち破ってくれるだろう 

多分

きっと

かもしれない

 

ちなみにぼくはS4で解禁された日から使ってるけど1700いけてません(๑>◡<๑)

 

 

シーズンが終わったらまた諸々の感想を書きたいと思いまぁす

でも過疎モン過ぎて土曜の夜でも対戦相手が見つかりませんさんとばっかり戦ってまぁす

しかも3DSが虚弱なせいで、ホンのちょっとした衝撃によりカード抜け切断になりまぁす

 

こんな感じの月一更新のペースで書けたらいいやんなぁ。。。

それでは今日はこの辺でさようなランクルスf:id:kafc_orf:20170625120153g:plain

 

 

 

PS. 皆もレリセ...しようね!

 

S3

 

YTカップの結果については、気合を入れて書き始めたはいいがGifだのBVだの試合経過だのを織り交ぜてしまったためボリューミーになり、途中から面倒になったので放置(初手弁明)

 

結果だけ報告しておくと10勝10敗のレート1500で終了

参加者60人のうち30位とまさに何もかも平凡な結末であった

 

そもそもあれだけ考察したのにも関わらずトップメタは想定してたのと全然違ったし、プレミ負けはそれほど無いものの選出負けが多かった

 

3か月越しの報告は以上です

終わりっ!閉廷!

 

 

タイトルをS3と宣ったはいいもののホントは大して潜れていない

それでも200戦は戦っているらしいが全盛期はそらもう700戦近く潜るレートジャンキーだった

 

なお

 

今シーズンはまだ7世代始まって半年だってのに、過疎モンの盛況(日本語の乱れ)でとにかくやる気が削がれる

それによりレート200差マッチングの頻発、対戦相手が見つかりませんでしたさんとの度重なるマッチングでこらもう萎え萎えの萎えですよ

 

 

環境について

メガクチートメガスピアーが解禁されたシーズンではあったが、クチートf:id:kafc_orf:20170514211916p:plainは6世代に比べて大分ひっそり、スピアーf:id:kafc_orf:20170514211946p:plainは結局強ポケと中堅の狭間にいる感じがある

 

前者は5/14現在で24位、後者は81位

クチートに関してはふいうちの弱体化よりも炎タイプ蔓延の環境が辛いのではないだろうか 

鋼が必須ゆえにそれへのメタが進んできている環境も、ボームフリークのせいで後から登場せざるを得なかったクチートにとって気の毒なところ

 

スピアーは守るの不要化ととどめばりの超強化(A1↑からA3↑に、威力30から50へ)が効いていて、実際にレートで遭遇し無双されかけたことが2回ほどあった

メガシンカの中では十分に使える方になったと思うが、最速でもレートにゴマンといる準速スカーフテテフf:id:kafc_orf:20170514212011p:plainに抜かされる上に技の通りが6世代以上に絶望的になっているのが残念

 

 

16日から始まるS4では僕の相棒の一体であり広範囲と超火力で敵を殲滅しヤケモンとしても最強クラスのエースであるメガヘラクロスと、メガヘルガーとかいう聞いたことない一般ポケモンが解禁されるらしい(唐突なsage)

 

大会の参加賞という形で無能配布をしているメガストーンであるが、それで受け取れなかった人たち向けのあいことば、これの公開がめちゃくちゃ早くなってることに草を禁じ得ない

相当叩かれてるんだろうなぁ(残当

 

メガ石のことについて述べ始めたらキリがなく罵詈雑言を書き連ねそうなので「メガバンギラス解禁! ゲーフリ is God!ゲーフリ is God! ドゥンドゥンドゥン、ゥン゛オラァ゛ィイ゛イイ」とだけ宣っておくことにします

 

 その前にメガバシャ解禁するのは4

 

 

結局今シーズンは色々忙しくて、1800も乗れないクソザコナメクジ脱却はならなかったが今シーズン使ったバンドリを妖怪自己顕示として超絶雑に記す(ただし技と持ち物は現在のもの)

 

f:id:kafc_orf:20170514212134p:plainバンギラス@さらさらいわ

  ・穏やかHAD イカサマ→岩封/冷ビ/ステロ/吠える 

f:id:kafc_orf:20170514212305p:plainドリュウズ@地面Z→襷

  ・意地AS 地震/岩雪崩/アイへ/剣舞

f:id:kafc_orf:20170514212504p:plainボーマンダ@メガ石

  ・無邪気AS 捨て身/放射→炎牙/竜星群/羽休め→竜舞

f:id:kafc_orf:20170514212656p:plainフシギバナ@メガ石

  ・控え目HCS ギガドレ/ヘド爆/めざ炎/宿り木

f:id:kafc_orf:20170514212818p:plainカプ・レヒレ@オボン→残飯

  ・図太いHBCS 塩水/ムンフォ/怒り/挑発

f:id:kafc_orf:20170514213119p:plainフェローチェ@襷→格闘Z

  ・やんちゃACS 飛び膝/蜻蛉/毒突き/冷ビ

 

多分もうバンドリマンダを使うことはない

というのもメタられすぎて終盤はバナフェロレヒレの選出ばっかりしていた気がするからだ

 

それでもドリュを襷にした終盤はリザの前で舞うという悠長銀行もできたし、選出しやすくするという意味で地面Zから変えて正解だったと思う

 

フェローチェという今回初めて使ったスーパーハイパーウルトラピーキーポケモンについては、襷発動する機会が案外少なかったのとそもそも砂パに合ってないという理由で格闘Zに変えた

これがなかなかいい感じだった 外しても膝割らない超火力 is God

 

初登用ではないがレヒレの持ち物もこれまでのオボンから残飯に

サイクルの中で延命するタフさと定数ダメによる火力保証は姐さんと呼びたくなる信頼の高さだった

 

その他のメンツに関しては今更過ぎるので割愛

 

 

最後に、ポケモントレーナーなら是非とも知っておくべきサイトがあるので紹介したいと思う

 

PGL DATABASE

 

公式のAPIでも使っているのだろうか

ポケモンの使用率ランキングからTN名によるレート検索、さらにはレンタルPTの検索もできて本家PGLよりずっと軽いという神サイトである

色々眺めていると意外な発見があるのでデータ厨の吾輩にとってはアドみが深い

 

YTを編む④

 

この記事はロジカル語法で書かれていますぞwwww

苦手な方はとんぼがえり以外ありえないwwww 

 

 

今回はようやっと第10回ヤーティカップで使用する構築を紹介できますぞwwww

 

2回に渡ってお送りした長ったらしい環境考察を踏まえ、完全に†勝ちにいくヤーティ†に仕上がっていますなwww

 

 

それでは早速1体目のヤケモンからご紹介しますぞwww

 

メガリザードンX@リザードナイトX

f:id:kafc_orf:20170205182117g:plain

いじっぱり 185(252)-200(252)-131(6)-x-105-120

フレアドライブ/ドラゴンダイブ/じしん/かみなりパンチ

 

んんwwwヤティオスなんていませんでしたぞwwww

今回の我のYTのエースはS2でも使ったヤザXですなwww

 

全体6位のS100からの圧倒的範囲を叩き込みますぞwww

実はヤティオスの採用をやめてまで制限ヤケもドラゴンヤケの枠も1体で使ってしまうこいつにした最大の理由がこの技範囲なんですなwww

 

炎と竜の爪補正による高火力は等倍で2耐えするのが不可能なレベルのもので、役割関係による対策はこの両ウェポンを半減できるヒードランf:id:kafc_orf:20170216024045p:plainマリルリf:id:kafc_orf:20170216024101p:plainアシレーヌf:id:kafc_orf:20170216024128p:plainカプ・レヒレf:id:kafc_orf:20170216024157p:plainでしか無理なんですなwwww

 

しかしヒードラン地震でオーバーキル、水妖の3体もフレドラ+雷パンツで上から飛ばせるところが強すぎますぞwwww

つまるところ、誰一人後出しが安定しないんですなwwww

恐らくこの事実に気づいた論者は他にもたくさんいると思われますぞwww 気付いたところで更に上から殴るくらいしかまともな対処法はありませんがなwwww

 

 

ヤザXが攻めの軸なら、こちらは守りの軸ですぞwwww

 

テッカグヤ@たつじんのおび

f:id:kafc_orf:20170205191639g:plain

ゆうかん 203(244)-168(252)-124(4)-128(4)-122(4)-72

ヘビーボンバー/じしん/だいもんじ/めざめるパワー氷

 

こちらもS2で使用したヤッカグヤですなwww 

そのまま個体を流用しますぞwwww

 

役割相手としてはボーマンダラティオスフシギバナカプ・ブルルカプ・テテフトゲキッスナットレイニンフィアハッサムメタグロスなど、とんでもない数のヤケモン達を見ることができますなwww しかもかなりのつよつよヤケモン達ですぞwww

過労死以外ありえないwwww

 

今大会のKP1位最有力候補ではないですかなwww

技構成は使っていたチョッキ型から草結びをめざ氷に直しましたぞwwww ただしアイテム込みでもメガマンダに確1は取れませんなwww 特殊に関してはかなりの火力不足で、エッジや大文字が飛んできかねない環境ではやや不安が残りますぞwww

 

持ち物は珠と悩みましたが他のメンバーとの兼ね合いで帯で妥協してもらいましたなwww

それでもこの技範囲と役割対象を考えればさほど問題は無いはずですぞwww 寧ろ耐久が売りのポケモンなので相性は良いかもしれませんなwwww

 

 

3体目は今大会の台風の目と読んでいるこのポケモンですぞwwww

 

カプ・テテフ@とつげきチョッキ

f:id:kafc_orf:20170214015226g:plain

ひかえめ 177(252)-x-96(6)-200(252)-135-115

サイコキネシス/ムーンフォース/きあいだま/シャドーボール

 

このヤケモンは我の算出した机上論だと環境的にクソつよなんですなwww

S95、これは全体8位の高水準であり眼鏡火力のサイキネ+ムンフォ+気合玉で恐ろしい等倍範囲を取れますぞwww

異教徒のテテフは拘ることが多いですが、ヤプ・テテフはチョッキなので繰り出された悪タイプや鋼タイプにムンフォ、気合玉を上から撃ち込むことができますなwwww

 

最後の一枠はギルガルドピンポのシャドボにしましたなwww 交換読みで当てないと勝てませんがとりあえずの選択で選ぶこともできる優秀な技ですぞwww

 

前回の記事では微妙だみたいなことを書きましたがあれはあくまでもチョッキヤプテテフのレート環境での強さについて述べたものですなwww

この特殊な環境では、こいつ1体で相手の選出を強烈に縛れるくらいの圧力をかけることができると思っていますぞwww 選出せずとも、ヤザXとカグヤが有利な鋼タイプを呼んでもらう仕事ができますなwwww

 

 

ここからは上の3体でキツいヤケモンをやっつけるための補完組ですぞwwww

4体目はややマイナー気味なこのポケモンを選びましたなwww

 

ワルビアル@アクZ

f:id:kafc_orf:20170216035519g:plain

いじっぱり 197(216)-185(252)-104(30)-x-92(12)-112

じしん/かみくだく/ストーンエッジ/おいうち

 

努力値は威嚇込みで総耐久が最大になるように振っていますなwww

一貫を許しがちなゴーストと岩を切る枠ですぞwwww

 

異教徒のギルガルドf:id:kafc_orf:20170215004933p:plainじゃくてんほけん()を盾にC↑↑からのラスカノや聖剣を入れようと姑息にも突っ張ってくることが多いですが、ヤルガルドはキングシールド()を持たないため高確率で引いてくるんですなwww

そこでこのポケモンの強さが活きてきますぞwwww おいうちがブレードフォルムに対して141%のオーバーキルで入るので逃さずに処理できますなwww

 

ただし1サイクル目はおいうち警戒で居座ってくることも考えられなくはないのでブラックホールイクリプスぶっぱがいいですかなwwww 

威嚇による物理耐久と役割相手が若干噛み合わない点も留意する必要がありますなwww

使用者の腕が試される予感ですぞwww

 

また、このポケモンもS92族とヤケモン界では結構な俊足に分類されるんですなwwww

自慢の地面+悪の範囲を上から叩き込む以外ありえないwwww

 

 

そして5体目がここまでで誰も半減できない氷を受ける役目ですなwwww

補完性能に定評のある親の顔より見たポケモンですぞwwww

 

Wロトム@こだわりメガネ

f:id:kafc_orf:20170216042442g:plain

ひかえめ 157(252)-x-127-172(252)-128(6)-106

かみなり/ハイドロポンプ/めざめるパワー氷/ボルトチェンジ

 

語ることもないテンプレ中のテンプレな調整ですぞwwww

このヤケモンもマンダを見ることができますが基本的にはカグヤ優先、こいつの出番はRガラガラなどの並びと遭遇したときですかなwwww

 

皆大好きボルトチェンジの使い手ですが、昨今地面タイプを採用していないPTはなかなかいないのでこの環境でも安易に撃つことはできないかもしれませんなwww

 

..あまりに語ることがないですぞwwww 雷は頑張って当てる以外ありえないwwww

 

 

最後の6体目ですが、実はここまでの5体で満足に対策できていないポケモンがまだいますぞwww リザYやウルガモスf:id:kafc_orf:20170216053953g:plainですなwww

 

ウツロイド@いのちのたま

f:id:kafc_orf:20170216045855g:plain

ひかえめ 189(36)-x-67-196(252)-179(222)-123

パワージェム/ヘドロウェーブ/くさむすび/サイコショック

 

調整は珠ダメ軽減のHP10n-1、残りDとなっていますぞwww

特殊耐久33000に対して物理耐久は驚異の12000とかなりピーキーポケモンですなwww

技範囲も鋼で完全に止まる決して使いやすいとは言えない部類ですぞwww

 

草結びはこのPTで唯一の草技、サイコショックは特殊アタッカーに寄りがちな我のYTで呼ぶ特殊受けに撃てるように採用しましたなwww 一応ミラーでも役に立ちますぞwwww

 

恐らく出番は少ないと思われますが、このポケモンも鋼を呼ぶことができますぞwww

Wヤトムとの良好な補完関係が役立つ場面もあるかも知れませんなwww

 

ちなみにこいつの良個体めざ炎は厳選難度がヤバコイルwww

異教徒には最速にしてめざ氷を積む輩もいるらしいですが、ボブリアスはどうせ襷かスカーフなので大して役に立ちませんなwww 教え技でこごえるかぜを貰う以外ありえないwwww

 

 

以上が第10回ヤーティカップで使用予定のヤーティですぞwwww

f:id:kafc_orf:20170216053726g:plain f:id:kafc_orf:20170216053739g:plain f:id:kafc_orf:20170216053754g:plain f:id:kafc_orf:20170216053806g:plain f:id:kafc_orf:20170216053817g:plain f:id:kafc_orf:20170216053828g:plain

ヤーティにしては平均Sがかなり高いPTだと思いますなwww 

上から制圧できるチャンスが多そうな一方、実は誰も受けられないポケモンがいますぞwwwww

 

相手のメガリザードンXf:id:kafc_orf:20170216053334g:plainですなwwww 出てこられただけで崩壊する欠陥構築ですぞwww ぺゃっwwww

ただ、我が採用している理由の様に誰も安定して受からないからある意味では重くなって当然なんですなwwww

 

色々考えてみたのですが、先発でヤルビアルで威嚇を入れるかWヤトムを出していき、もし突っ張って突破されたときに備えて上から岩技を入れられるヤツロイドを控えさせるくらいしか解決法が見つかりませんぞwwww

 

こちらもヤザXを出して同速対決、などという運命力に頼る戦法はありえないwwww

ありえませんが選択肢に入れないといけないくらい重いポケモンですなwwww

 

他にもジバコイルf:id:kafc_orf:20170216055359g:plainドサイドンf:id:kafc_orf:20170216055529p:plainが重めの、割と穴がある構築ですがなんとか頑張るしかないですなwwww

誘うポケモンが分かっていれば対処しやすいとポジティブに捉えておきますぞwww

 

この記事、なんと丸8時間もかけて書いていますぞwwww 文才無振りですなwwww

 

 

大会予選への参加登録も済ませたので、あとはPTを完成させるだけですなwww

 

テテフはこれまでノータッチなのでさっさと命の遺跡に行く以外ありえないwww

控えめめざ炎を粘って、個体値は信頼と安心の王冠で誤魔化しますぞwww 最近はもう無限会話からの無限銀冠で厳選という概念を忘れかけていますなwwww

 

一応やり方を貼っておきますぞwww 慣れてしまえば厳選作業から解放される新時代がきますなwwww 

貴殿も早く楽になる以外ありえないwwww

 

 

大会への意気込みですが、まずはレート1500を割らないことを目標にしたいですなwww 

全体で何人参加するかはっきりはわかりませんが、先日行われた練習試合の人数と現時点での人数から推測すると少なくとも50人近くは参加するとおもいますぞwww

 

我の論理への知識とプレイングがどれくらい先輩論者達に通じるか楽しみですなwwww

 

 

吾輩は論者である 負ける気はない

 

YTを編む③

 

連番でお届けしてきたYTを編むシリーズ、第3回目の今回はヤーティカップの環境をより細かく分析しつつ新ヤケモンのポテンシャルに触れたいと思う

 

まず始めに使用することができるヤケモンを把握しておくことが何よりも大事である

彼を知り己を知れば百戦殆うからず、こちらが今回使用可能なヤケモン一覧になっている

 

f:id:kafc_orf:20170214005855p:plain

 

大会ページの表をキャプチャしただけなので画質がワルビアルなのはご愛嬌

 

役割論理における「最速」とは加工補正がかかっていない&努力値0、つまり一般的に言うただの「S無振り」である

実際にはそれよりも遅い勇敢や冷静にするヤケモンが少なからず存在するが、一般的な「最速」がこの環境においては存在しないため単に種族値だけでS判定できるシーンは多い

 

まずこの表を見て目につくのがレギュレーションがかかっているS種族値上位のヤケモン達

ビリジオン、ウツロイド、ウルガモス、サンダー以外の98族以上は軒並み制限がかけられている

 

 

上記の4体の内、触れておきたいのが論理環境において強さを発揮するビリジオンである

f:id:kafc_orf:20170214235759g:plain

ニコニコYTカップ(6世代)でもデータ不足ヤケモンの立場でありながらKPは上位5本の指に入る程の採用率を誇ったヤケモンだ

 

このポケモンの強さは何といってもS種族値108から高火力の格闘技を打てることであり、見せ合いの時点から高い負荷をかけることができる

また、多くのヤケモン達がメイン、サブウェポンとして持つ地震と岩技の両方に耐性がある点も強みと言える

 

ヤリジオンは制限ルールにも該当しないため、今回のヤーティカップでも高い採用率が見込まれるヤケモンだ

 

 

昨今のレート環境では守り神やミミッキュなどのフェアリータイプが環境を席巻しており優秀な攻撃範囲を持つこれらのポケモンは、役割論理においても新たな可能性を提示している

 

まずはカプ・レヒレ

f:id:kafc_orf:20170214014818g:plain

KP上位が予想されるサザンドラf:id:kafc_orf:20170215004840p:plainなどのドラゴンヤケに対し、役割破壊の心配をしないで済むレベルの十分な耐久を持ち、カプの中で最も多くの耐性を持つ

 

火力に関してはC種族値が95しか無いためこだわり眼鏡か、妥協しても水Zでの運用なくらいには足りない部類であるが水・妖の通りの良さと技威力の高さでポテンシャルは十分

 

補助技の無い環境なのでミストフィールドでの状態異常耐性はさほど意味をなさないが、ドラゴン技半減というもう一つの(地味な)効果が大正義ドラゴンタイプの論理環境においては大きな有利点になるのではないかと推測される

 

次がカプ・テテフ

f:id:kafc_orf:20170214015226g:plain

耐性と物理耐久はゴミ以外の何物でもないが、特殊耐久のそこそこな高さと何と言っても親子愛レベルのぶっ壊れと評判のサイコメイカーでとんでもない火力を押し付けてくる

 

豊富な搦め手と広範囲が特徴のガルガブゲンボルトアローが常に最上位を守り続けていた6世代

単純に火力で制圧するタイプのポケモンガブリアスに次ぐ使用率になるとは時代も変わったものである

 

特性のおかげで火力アップアイテムを免除され、その代わりに足りない耐性をチョッキで補うことでチョッキヤケモンの立ち位置にいる

が、フェアリータイプとは思えないレベルでゴミ耐性なので特殊耐久を増やしたところであまり役割対象が増えないのが現実

 

そして3体目が新たな核弾頭ことカプ・ブルル

f:id:kafc_orf:20170214015619g:plain

テテフも大概な火力だが、あくまで威力90が眼鏡の火力で飛んでくるに過ぎない

だがこちらは役割論理における最大火力を大幅に更新した物理ヤケのニューヒーローだ

 

それまでは特化メガリザYの晴れオバヒが67860だったのに対してこいつはグラスフィールド下の特化鉢巻ウドハンで81000とかいう指数を叩き出すのだ これが草Zによるブルームシャインエクストラなら更に火力が出る

 

上記の鉢巻ウドハンは一般的なH252ギルガルドf:id:kafc_orf:20170215004933p:plain(耐久指数28000)をGFによる回復を込みでも確2に持っていく頭のおかしさだが、Bが1段階ダウンした状態でH244B12ギャラドスf:id:kafc_orf:20170215004958p:plainを確1、つまりヤャラドスが威嚇を入れてもワンパンされるという点を覚えておく必要がある

 

以上の様に火力だけを見れば文句無しだが、H種族値が70しかないため1回ウドハンを振るっただけで次の役割遂行が怪しくなる程の反動が入ってしまう事に加え、論理環境では肝心の役割相手が少ない点がネックと言わざるを得ない

 

フェアリーの中でKPが高いと思われるのが以上の3体だが、一応残りの新規フェアリー2体にも触れておく(酷評してる気がするけどあくまでヤケモン型への個人的な意見)

f:id:kafc_orf:20170214022029g:plain  f:id:kafc_orf:20170214022056g:plain

 

前者のカプコケコ

まずヤケモンとしての運用自体に無理があると言わざるを得ない 

70-85-75の耐久ラインは候補も含めて全ヤケモンの中で最低クラスで、Hに振ったところで繰り出せる相手も殆ど見当たらない

アイテムによる火力アップはできるが耐久のアップは認められない役割論理においてこの耐久はあまりにも貧弱で、サザンドラくらいにしか後出しできないレベルではないだろうか

 

また、電気技以外の火力が雀の涙ほどしか無いところも運用のしづらさを感じる

だが論理環境では積まれるということがないので、絶対に抜かれないSからの高火力のボルトチェンジによる対面操作は強烈な強みである

採用する論者はこのヤケモンありきでのYT作成が求められるだろう

 

後者のアシレーヌ

そのビジュアルからファンの多いポケモンだが、少なくともこの大会で本気で勝ちに行く論者からお呼びがかかることは少ないだろう

残念ながらこの環境において総合的にはレヒレの劣化、攻撃面でもテテフと同等かやや劣化だからだ

 

なぜアシレーヌがアローラ環境のS1でトップ30に入る程活躍できたかを鑑みてみよう

シレーヌZの採用によるわだつみのシンフォニアの高火力+貴重な先制技であったアクアジェットによって高い対面性能があったからだ

 

しかしヤシレーヌシンフォニアの素となるうたかたのアリアを使えない

これは大会ページのルールにも個別育成論のページにも明記されていて、理由は単にハイドロポンプの存在だ

ヤビゴンがほんきをだすこうげきの素になるギガインパクトを一蹴されているように、例えZ技で有用であってもその後のサイクルを考えた場合に腐ってしまうため「論理的にありえない」のである

 

ちなみにアローラ御三家のZ技はYoutubeにあげると動画ごと削除されるらしい

大人の世界はつらくきびしい

 

 

他にも詳しく触れたい新ヤケモン候補はたくさんいるが既に過去最大ボリュームの記事になりそうなので絞って解説しようと思う

 

・Rガラガラ

f:id:kafc_orf:20170214224820g:plain

避雷針込みでの10の耐性と実質A212族(実数値ではなくあくまで種族値)

そこから放たれる一致威力120のフレアドライブ(火力指数52200)

非接触かつ凄まじい一貫性で撃てる専用技シャドーボーン

カントーの姿から受け継いだ優秀連続技ホネブーメラン(ただし今大会では地震推奨)

地面との補完が完璧なストーンエッジ

この4技だけでほとんどの敵を2発以内に溶かす圧倒的なA&範囲、アローラポケの中でも最もヤケモン適性の高いポケモンと言える

 

ただしこちらもブルル同様H種族値のかなりの低さにより、メインウェポンが反動技なので運用がかなりシビアになる

それでも有利相手に繰り出してブッチギリのAの高さからシャドーボーンを連打していれば、相手が勝手に疲弊していくので要注意と言えるだろう

今のレート環境では下火になっているがこの大会ではどのくらい使われるか興味深いところである

 

・マッシブーン

f:id:kafc_orf:20170214230354g:plain

対となるフェローチェがボケモンの鑑なのに対して、こちらはヤケモンの鑑である

Hにぶっぱするだけで物理耐久は35000を超え、インファこそ無いものの同じ120技の馬鹿力をビーストブーストで帳消しにしていくザ・脳筋

耐性と耐久が噛み合わないヤケモンも多い中、地面と格闘半減、竜と岩が等倍と正に物理相手に対し機能停止に持っていくほどの圧倒的な強さを誇る

 

だが残念な点も多く、メインウェポンの通りづらさや飛行4倍炎2倍などヤケモンの中での上位層に尽く歯が立たないところがウィークポイントだ

論理環境においてはバンギラスf:id:kafc_orf:20170215005051p:plainランドロスf:id:kafc_orf:20170215005123p:plainに役割が持てるので決して弱くはないが、メガヘラクロスが解禁された場合はそちらに流されてしまう可能性がある

氷技や電気技などの独自の強みを活かしていけるか、使用プレイヤーの腕が試されるヤケモンだ

 

・クワガノン

f:id:kafc_orf:20170214232215g:plain

飛んでる電気は強い

と言いたいところだが虫タイプが足を引っ張ってメガマンダの相手はできない

しかし電気+虫の範囲は思ったより広く、エナボも使えるためドサイドンf:id:kafc_orf:20170215005209p:plainの相手もできる点は強みの一つ

 

C145族に対して耐久ラインは77-90-75しかなく、電気版ヤャンデラと言える様な種族値となっている

しかしこのポケモンも論理環境においては役割相手が殆どおらず、特化ヤャラのアクテも3発は耐えられないため使うとすれば先発に出してボルチェンをしていくのが仕事になるだろう

ちなみレート環境ではチョッキを着て特殊全般を受けたり鉄壁と羽休めでサンダーのような役割をこなしている

 

・キテルグマ

f:id:kafc_orf:20170214233405g:plain

GIFが怖い

ノーマルタイプとしてカビゴン以来にヤケモン入りしている有望株

種族値は500しかないものの、特性もふもふによりB振り時の物理耐久は(接触技に限り)50000を超える これは特化ガブの逆鱗が確定4発とかいう異次元のラインだ

 

特性ありきではあるがマッシブーン同様物理全般を役割相手にできる格闘タイプで、フレアドライブが等倍扱いになりシャドークローを使える点が差別点となる

地震は特性の範囲外であったり、メインウェポンが命中75のメガトンキックになるところは決して使いやすいとは言えない

それでも貴重な岩と霊に耐性のあるヤケモンでありPTの補完として声がかかることは決して少なくないだろう 個人的に注目しているヤケモンの一体

 

 

以上が新ヤケモンに対する見解である

これ以外のポケモンも勿論ポテンシャルは高いものがあり、総じてアローラ地方はヤケモンの産地と言える

 

前回の記事でも書いたが、論理環境ではとにかくドラゴンタイプが強い

攻めでも守りでも、高火力高耐性は大正義であり6世代にもフェアリータイプはいたとはいえどれも完封できるほどの満足なスペックとは言えなかった

 

カプ達は、拘ることが多いラティオスサザンドラに安易に超火力をぶっぱさせないための抑止力としては勿論、攻めの点でも相手に対策を強いるスペックを持っている

1YT1カプとまではいかずとも、多くのYTで採用されるはずだ

 

 

ここまで延々と個人的な環境に対する雑念を綴ってきたが、これらを踏まえた上で第10回YTカップに臨むためのヤーティを練りあげた

 

記事が長くなりすぎるので構築は次回の記事に回すこととする

 

 

最後に役割論理とは関係はないが耐久指数と火力指数の計算式をメモ代わりに載せておく

 

高乱数1発にする火力指数=耐久指数÷0.44

 

特化ガブリアス(A130族)の地震(一致100技)の火力指数がA実数値200×技威力100×一致補正1.5でピッタリ30000となる

これを式に当てはめて0.44をかけると耐久指数13200までのポケモンが高乱数1発で落とされることと導き出される ちなみに耐久無振りのキノガッサf:id:kafc_orf:20170215004610p:plainとほぼ同じライン

 

この記事で述べたブルルf:id:kafc_orf:20170215004132p:plainの頭おかしさを改めて計算してみよう

今回は鉢巻ではなくZウドハンを対象にしてみる 200×190×1.5×1.5で火力指数は85500にも上る

これに0.44をかけると出てくる数値が37620、なんと等倍だと仮定した場合のHBスイクンf:id:kafc_orf:20170215004748p:plainが1発で吹き飛ぶレベルの火力だ

 

ここまでくると最早害悪と言えるレベルの火力であり、基本的に半減で受ける発想は捨てた方が賢明である

PTに草1/4か特性そうしょくでもいない限りブルルに一体持っていかれる事を覚悟する必要があるのだ

 

 

吾輩は論者である ..言うことはない